MAIN MENU
ホーム
メニュー
SHOP
STAFF
技術工程
お手入れ方法
地図・アクセス
お問い合わせ
リンク
店長ブログ
SUB MENU
よくある質問
よくある質問(メンズ偏)
縮毛矯正画像
縮毛矯正画像(メンズ偏)
携帯用ページ
ブイストレート
注意事項

■営業時間
9:00〜19:00
■定休日
毎週月曜日、第1・第3日曜日
■TEL
0223−23−6482

■ダメージ矯正毛





■アトリエさとうの矯正毛




■使用機材 Nikon


必要以上に髪が傷んでいて、針金のように硬く、不自然な仕上がりになっていませんか?!

こんな症状はありませんか?

■縮毛をかけたのに、余計に髪にツヤが無くパサパサになり広がるようになった。
■前髪や毛先が硬い感じで自然さが異常に無い。
■えり足の髪がからまりやすい。
■縮毛と一緒にカラーや白髪染めをしたら、かなり傷んだ。
■手触りが悪い。
■クセ毛の伸び具合が悪い。
■縮毛矯正の持ちが悪い。
■髪質が悪いから仕方がないんだ・・・。と暗い気持ちになる。

これらの症状のほとんどは、縮毛矯正の施術中での引っ張り過ぎや、薬のパワーと高温アイロンだけに頼ったような技術をすることが原因で起こります。
縮毛矯正の薬剤で柔らかくなった髪はとても不安定な状態で、ゴムのようにのびやすく、これを引っ張ることでキューティクルが一気に毛羽立ち、傷みます。
酷い場合は、一度縮毛をかけた部分にもういちど強い縮毛をかけたりする場合もあります。

アトリエさとうでは、他店では使っていない特殊な道具を使いながら、薬のパワーと高温アイロンに頼らない技術をしますので、

今までの縮毛矯正よりも、ダメージを最小限に抑えて、自然で柔らかい縮毛矯正に仕上がります!

ほとんど髪を引っ張らないので頭も動きませんし、痛くも熱くありません!
むしろ寝てしまうお客様が多いです。
さらに、
当店でかけた縮毛矯正は地毛に近い柔らかさの縮毛になるので、クセ毛が伸びてきても、縮毛をかけた部分の髪質と、縮毛矯正部分の髪の柔らかさが近いため、縮毛矯正のもちが良く感じる方が多いです。

いつも縮毛矯正で引っ張られている方や、時間がかかりすぎている方、不自然すぎる硬い縮毛矯正でお困りの方、もっとダメージを減らしたい方は、ぜひ一度あなた様の大切な髪を私にお任せしてもらえませんでしょうか。
どんな髪質のお客様でも全力で技術させて頂きます。

また、年に数回の縮毛矯正だけは当店をご利用してくださる方々も大勢いらっしゃいますので、気兼ねなくご来店下さい。いつでも最高の技術と接客でお待ちしております。(^_^)

(山形県や福島県、仙台や泉、岩沼、名取、亘理、白石、大河原、船岡、槻木、長町、南仙台、仙台、相馬、仙南、白石、塩釜、石巻、福島、ロサンゼルスなど、遠方からお越し下さるお客様も多数いらっしゃいます。 いつもありがとうございますm(_ _)m)


ダメージ矯正毛の画像(X400倍)

↓引っ張て縮毛矯正をされた髪のキューティクルです↓(軽度)
軽度のダメージ矯正毛です。
↓(中度)↓
一般的な矯正毛です。
↓重度の縮毛矯正ダメージ毛↓
必要以上に強い薬と引っ張りすぎでかなり毛羽立っています。
画像↑キラキラ光っている部分は、キューティクルがめくれてしまった部分です。ダメージがひどい方は、3枚目の画像のような状態になっている場合が多いです。

ヘアーアトリエさとうでの施術例(X400倍)

↓カラー毛↓
6レベルカラー毛の矯正です。顕微鏡の照明により多少明るく見えてます。
↓明るいカラー毛↓
8レベルカラー毛です。大きなダメージはありません。
↓カラーリング無しバージン毛↓
細いバージン毛です。 ウロコの密度が薄いので、弱めの薬剤を仕様してます。
↓薄いキューティクルですが損傷はほとんどありません↓
ウロコの密度が薄くダメージを受けやすい髪質ですが、綺麗な状態に仕上がりました。私も嬉しいですね。

100%ノーダメージの縮毛矯正は実際にはありません。
しかし、上の画像をご覧のように、ダメージを少なく抑える縮毛矯正ならできるのです。
そして、はじめからダメージを与えないで技術することが、
最強のトリートメントです!
アトリエさとうは、今後ともより良い技術の研究・開発をし続けていくことをお約束します。