ヘアーアトリエさとう


HOME

料金・技術

店舗紹介

施術例

地図

よくある質問

お手入れ方法

お問い合わせ

掲示板


髪のコンディションを良くするためには、やはり毎日の手入れが重要です。 なぜなら美容室でのケアは年に数回、お客様自身でのお手入れは年間300日を越えます。ご自宅でのお手入れ方法で、髪の状態はだいぶ変わってきますので、ここでご自宅での髪や頭皮に良いお手入れ方法をご紹介します。



シャンプーの方法

まずシャワーで良く髪を濡らして流します。お湯だけでも髪に付いたホコリや汚れはある程度とることが出来ます。いつもより気持ちしっかり流しましょう。そして手にシャンプーを取り手のひらで少しなじませてから髪全体につけて十分に泡立てます。最初にしっかり汚れを流していれば、そんなに大量に使わなくても十分泡立ちます。泡だちが悪いようでしたら、さっと流してからもう一度シャンプーで泡立てます。次に指のはらを使って頭皮をマッサージするように洗います。その後、地肌を中心にしっかり流しましょう。

ポイント
■シャンプーは頭皮を洗うことを意識する。
髪の毛をゴシゴシ洗うと、キューティクルが髪の毛同士の摩擦で痛みます。頭皮を洗ってるときに出来る泡だけで髪の毛自体の汚れは十分落ちますので大丈夫です。
■毛先はこすらない。
上記でも言いましたが、濡れた状態の髪の毛は非常にデリケートです。引っ張ったり擦れたりなど、物理的な衝撃に弱いので優しく扱いましょう。
■とにかく良く流してください。
シャンプー剤が髪や頭皮に残っていることで良いことなどありません。(
※シャンプーの主成分の硫酸ナトリウムなど)とにかく十分すぎるほど流してください。きしみがでてもトリートメントでツルリとなりますのでご安心下さい。
※当店で販売しているシャンプーは、硫酸ナトリウムを仕様していない商品です。
トリートメントの方法

手に500百円玉くらいを取ります。手のひらに広げてから中間〜毛先に良くなじませます。目の粗いクシやブラシで毛先からやさしく梳かします。少し時間を置いてください。(3〜5分)その後軽く流して終了です。ダメージがひどい方はドライヤーをする前の濡れた髪に、専用のトリートメントをつけてから乾かしましょう。

ポイント
■とにかくからませないように。
毛がからまると、どうしても引っ張られますのでキューティクルが痛みます。柔らかい髪質のロングの方やハイダメージの方、エクステをしている方は特にご注意下さい。
■少し時間をおきましょう。
毛髪内部に浸透させるため3〜5分ほどはおきましょう。5分以上は必要ないと思います。
■頭皮につける必要はありません。
あくまでも傷んだ部分を補修するものです。中間〜毛先ほどの部分で大丈夫です。


※コンディショナーとトリートメントの違いとは??

コンディショナー
おもに髪の
表面を保護するためのものです。髪表面に膜を作り手触りを良くします。トリートメントの後に使います。

トリートメント
おもに髪の
内部を補修するためのものです。髪の内部に本来あるべき栄養分を入れるイメージです。コンディショナーの前に使います。